〒185-0021 東京都国分寺市南町2-17-5 恵ビル1F 電話:042-301-1111

第4回 アレルギー教室

花粉症対策 ~快適な春にむけて~

ミニ医学講座花粉症とは、ある特定の花粉が目に入ったり、鼻から吸い込まれたりすることによって起こるアレルギ-症状のことをいいます。
原因になる植物の花粉はさまざまですが、その代表的なものがスギ花粉です。日本人の5~10人に1人がスギ花粉症ともいわれ、いまや社会的な問題になっています。
スギ花粉以外にも、イネ科やキク科の雑草などの花粉が原因になり、現在までに約60種類の植物による花粉症が知られています。

まずは「花粉回避」!!

スギ、ヒノキ科花粉症治療の第一歩は「花粉を避ける」こと。
<花粉を避けるための7か条>は、日常的に試みるべき生活の知恵です。

  1. 花粉情報に注意する
    花粉予報には、長期予報、週間予報、翌日・当日予報があります。
    天気予報と合わせて花粉情報にも注意しましょう。
  2. 飛散の多いときは外出を控える
  3. 飛散の多いときは窓、戸を閉めておく
  4. 飛散の多いときの外出にはマスク、メガネを使う
  5. 表面がけばけばした毛織物などのコートは着用を避ける
    ポリエステル素材の衣類に比べて、毛織物は4.5倍の付着花粉数と報告されています。
  6. 帰宅時、衣服や髪をよく払い入室する。洗顔、うがいをし、鼻をかむ。
    ついてしまった花粉は一刻も早く取り除くことが大切です。
  7. よく掃除する
    飛散が終わった後にも、室内には多くの花粉が残っています。

医師の診断を受けましょう!!

日常生活に様々な影響を及ぼす花粉症。「くしゃみや鼻水が止まらない」「鼻がつまる」 「目がかゆい」などの症状や全般的な体調不良を感じたら、医師に相談しましょう。
受診は早いに越したことはありません。

・・・次回は、花粉症の治療についてお話ししたいと思います・・・